自作PC制作を始める方々の増加について

自作PCに関心を持つ人々が増えてきており、実際に自分でゼロからパソコンを組み立てるユーザーが増加して来ました。

それを支援するネットショッピングがあり、ひと昔前に比べてサポート体制が充実して来ているのです。家電量販店に行けば一流ブランドのデスクトップパソコンが買えますが、マシンスペックが予め決まっている物ばかりです。自分の好みや使い方にマッチしたマシンが買えるとは限りません。初心者の間はどういった使い方をするのか、どのような仕様が自分好みなのか分からないため、既製品でも違和感を覚えにくいです。

一方で中級者以上になりますと自作PCの方が満足出来るようになり、仕様を自分で考えてゼロから作り上げる事で、自分のセンスに合致したベストなマシンが手に入ります。またメーカー製の物にはカスタマイズが施せないデメリットがあります。メモリ増設やHDDの取り換え等をするとサポート対象外になったり、修理が受けられなくなる事が多いです。自作PCならゼロから文字通り自分ひとりで組むため、カスタマイズは自由であり、もしトラブルが起きた時も自作PCな組み立てた本人が最も内部の仕様を理解しているため、修理やパーツ交換も楽々です。

また単純にパソコン中級者ともなれば、自分で使うマシンははじめから自作したいと感じもの、自作PCの方が既製品よりも愛着を感じますし、まさに自分だけのオンリーワンな仕様が出来るので、プラモデル製作のように楽しく有意義な趣味となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *