自作PCに関する説明

自作PCとは家電量販店などで販売されている、既に完成されたパソコン製品ではなく、自分でパーツを取捨選択し予算と用途にあった最適なマシンを自分で製作する、ハンドメイドのパソコンのことを指すIT関連用語です。

一般的には自作PCは自分でパーツを購入し組み立てまで自力で行いますが、広義には使用するパーツのみを選択し組み立ては専門の業者に任せるBTO方式のものも含みます。既成品ではなく自作PCを選択するメリットは大きく2つあります。まずコスト削減です、パソコン黎明期に比べるとマシンの値段は大幅に下がったこともあり、かつてのように自作するだけで10万円以上も安く同性能のマシンが手に入るといったことは少なくなりましたが、現在でも自分で組み立てを行えば既成品よりも1万から2万程度は安くパソコンを入手できます。

また使用用途に最適化されたマシンを購入し無駄を省くことが出来るのも大きなメリットです。たとえば家電量販店で販売されているパソコンの多くは高額なモデルであっても最新のPCゲームを遊べない可能性が高いです。これは既成品の多くはゲームをプレイするのには必要不可欠だが、それ以外の用途では必要性の薄いグラフィックボードを搭載していないからです。

自分でパソコンを組み立てればこうした問題に悩まされることなく、自分が遊びたいゲームや利用したいサービスにあった最適な性能のマシンを入手することが可能になり効率的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *