自作PCのメリットとわずかなデメリット

自由度の高い自作PCは、完全に必要なスペックの機械を組み上げることができます。

パソコンを自作するメリットは価格面以外にも、目的に合致したオリジナルのスペックの機械が作れるのと同時に、自作に慣れてくると改造や修理も自分で行うことができます。複雑な部品構成に感じられるパソコンの本体に関する知識も増し、構成されるパーツの知識も深まるうえに、各パーツの関連性も把握が容易になります。増設する際に必要なパーツや工具なども時間をかけずに準備できます。

既製品を購入するとメーカー保証が付きますし、期間内であれば部品交換なども無償で行えます。自作PCには故障した際の保証はありませんし、組み上げるパーツの互換性などは保証されていないので、すべての作業は自己責任になります。既製品のパソコンは、梱包から出して電源を入れて設定すればすぐに使用できます。自作PCは本体のケースをはじめ、小さな部品まですべて自分でそろえる必要があります。

既製品と自作PCのメリットとデメリットを比較すると、一長一短あって結論を出すことは難しい部分もありますが、パソコンを自作する上でのデメリットは経験を積んでいく上で克服できるものですし、パーツの購入も豊富な選択肢から必要な部品を探すことが楽しくなることもあります。既製品派のよさはすぐに使える気軽さとメーカー保証の部分ですが、利用していく上でスペック上の制限にストレスを感じることも多くあるので、状況に応じた機種選択も大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *